魚釣り園護岸(南港海釣り公園)

南港魚釣園南

ファミリーフィッシングに最適で、磯遊び的なこともできるポイントの紹介です。

今回、大阪市内から一番近い釣り公園、魚釣り園護岸をおすすめします。

魚釣り園護岸?どこそれ?って感じですが、、、通称、南港海釣り公園の正式名称です。

ファミリーフィッシングに必須のトイレと売店のある、至れり尽くせりなポイントなのです。

駐車場は有料ですが、入園料は何と無料!なのでゆっくり出来ます。

路駐せずに必ず駐車場に停めましょう。

駐車場入り口

ゲートをくぐって、奥の方まで進んで下さい。

釣り公園の入り口は駐車場の一番奥なので、奥の方が歩く距離が少なくて済みます。

釣り公園入口

無料なのでそのまま直進して下さい。

ゲートが閉まっているときは、閉園しているので立ち入り禁止です。

絶対乗り越えて侵入しないで下さいね。

不法侵入になりますので。

季節によって変わる開園時間は、ホームページで確認できます。

売店

入場してすぐに売店があります。

ここでは、軽食やエサ、仕掛けなどを販売しています。

最近の釣果情報など、こちらで聞いてみるといいですよ。

レアな生情報をもらえるでしょう。

荒れた日は注意

波の高い日は足元がスリットになっているので、ここから潮が吹きあがってきます。

びしょ濡れにならないように荷物の置く位置を選んで下さいね。

足元のグレーチングのない北側(中央より右奥)は少し足場が高くなっていますが、釣りにくくないので波の高い日はそちらをおすすめします。

釣り場中央より右側

右へ歩いていくと一段高い堤防になります。

そこなら足元がコンクリートなので波しぶきが避けれます。

釣り場中央より左側

広い釣り場ですが、サビキ釣りの釣果が良くなると、満員になります。

初夏から始まるタコシーズンには数釣り出来るので是非狙って下さい。

タコ釣り一押しのポイントは川筋の堤防(遠くに見える灯台のある波止)ですが、少し歩かないと行けないのが難点です。

でも歩く価値は十分あると思います。

新子シーズンは初心者でも簡単に釣れる時期なので、是非美味しいタコをゲットしましょう。

他にもサビキ釣りはもちろん、秋のタチウオも良く釣れますので狙い目です。

管理人は引き釣りで狙うので、タチウオ釣りの場合、どうしても閉園時間が気になります。

ワインドで狙う方は夕マズメ狙いでの釣行もありだと思います。

夜間立ち入り禁止、開園時間以外は入れません。

必ず営業時間内に釣行して下さい。

あと釣り道具以外に、イスとか荷物を運ぶキャリーカートがあると便利ですよ。

ルールを守って釣りしましょう。

追記:2018年、台風21号で甚大な被害があった為、閉園中です。残念ながら開園はもう少し先になりそうです。

ENJOY FISHING