タチウオ釣りを考える

快適波止SS

大阪湾に北風が吹くようになって、一気にタチウオの釣果が上がっています。

ようやく本格化してきた感じですね。

これからタチウオをいっぱい釣ってみたい!と考えている方の参考になればと思います。

近場の防波堤から釣れるタチウオは人気の高いターゲットですよね。

和歌山の春タチに始まって大阪湾でも夏タチ、そして本格的な秋のシーズンから年明けは湾奥と専門に狙うなら、ほぼ一年中釣れます。

電気ウキを眺めながら秋の夜長を楽しむのもよし、ルアーに拘ってワインドやフラップ釣法で挑むもよし、ドジョウの引き釣りで爆釣して優越感に浸るのもいいでしょう。

その中でhiroshiru はドジョウの引き釣りをおすすめします。

ルアーマンならタックルを流用できるので、テンヤとドジョウを買うだけでOK~

繊細なアタリを掛け合わせる醍醐味を味わったら最後、引き釣りの虜になること間違いなし!

hiroshiru も以前はワインドに拘ってましたが、ドジョウ最強!を実感してからは引き釣りオンリーになりました。

そこでドジョウの引き釣りを始めるにあたり、必要なタックルを考えてみたいと思います。

思っていた以上に奥が深い釣りですが、これからドジョウの引き釣りを始める方の参考になれば幸いです。

タックル

ロッド

ロッドはドジョウの引き釣り専用ロッドが殆ど発売されていないので、シーバスロッドを流用するのがいいと思います。

長さは9フィート前後のシーバスロッドが使いやすいです。

硬さはミディアムライトかミディアムでいいと思います。

リール

リールは基本ロッドに合わせるので、2500番クラス。

10フィート以上のロッドだと4000番の方がバランスがいいでしょう。

引き釣りでは常にリールのハンドルを握っているので、ロッドとのバランスよりも軽さを重視するのも一つの考え方だといえます。

テンヤ

テンヤはダイワの快適波止タチウオテンヤがおすすめです。

ヨーズリのタチウオリアルヘッドでもいいのですが、シーズンになると入手困難になるので、釣具最大手メーカーのダイワが発売している快適波止タチウオテンヤSSをおすすめします。

スナップがアイに通らない場合は、アイの部分の塗装を取るといいです。

重さは11g(SSロング)と15g(S)のいずれかを使い分けています。

風が強い時以外は11g(SSロング)を使うことが多いです。

ダイワの快適波止タチウオテンヤはヘッドカラーがグローだけでなく、2018年6月にケイムラ赤金と紫ゼブラカラーが新発売されました。

形状もノーマルタイプ、チャター付き、ブレード付き、スピナー付きがありますので、試すのが好きな方は色々使ってみるといいかも。

hiroshiru はシンプルイズベスト、ノーマルタイプしか使ったことはないですが。

今年からssss 1.5号 5.5g という超軽量テンヤもラインナップされています!

これは状況によっては、間違いなく武器になるでしょうね。

PEライン

メインラインはPEラインの1号前後を150mか200mほど巻きます。

これくらいの長さがあると、ひっくり返して使えるので経済的です。

ラインのカラーですが、ピンクは避けています。

科学的根拠は不明ですが、長年沖磯でエギングしていてフグにPEラインを齧られて切られることが多かったカラーがピンクでした。

ただ、それだけなんですけど(笑)

長年の経験上、ピンクのラインは避けています。

リーダー

テンヤに付属のワイヤーリーダーは使いません。

リーダーはナイロンの20号で自作しています。

フロロではなく、ナイロン。

この辺りは人それぞれ持論があって、長くなるので割愛させていただきます(爆)

浮き釣りでワイヤーハリスだと食いが悪くなることが多々あったので、ナイロンの20号を使っていますが今まで問題なく使えています。

キャストの時にリーダーを巻き込みたくないので、長さは80cmくらい、ダブルスリーブで片方を輪っかに、もう片方にスナップを付けています。

PEライン側にスナップを付けないのは、少しでもシンプルにしたいからです。

本当はスナップも付けたくないので、これから改良していくかもしれません(笑)

ケミホタル

そしてリーダーの真ん中あたりにケミホタルを取り付けます。

サイズは50を使っています。

付属のナイロンチューブを4等分に切って2つ使用して固定します。

リーダーの結束方法

メインラインとリーダーの結束方法ですが、メインラインにチチワ結びで輪っかを作ります。

ダブルスリーブで作ったリーダーの輪っかとループトゥループでリーダーをくぐらせるだけでOK。

ドジョウ

テンヤに付属しているステンレス線は巻きにくいので、銅線を使っています。

ホームセンター等で100円くらいで売っているやつです。

テンヤの長さに合わせて、残酷ですがドジョウをカットします。

大体、テンヤから3cm長いくらいで調整しています。

生きたままドジョウをテンヤに付けるのは至難の業です。

ヌルヌルだし、暴れるし、メチャクチャ臭いし。

こんなこと釣り場でやるのは時間が掛かりすぎるので、あらかじめ家で仕込んでおきましょう。

hiroshiru は最低でもSSとSサイズのテンヤ、新品を各2本は準備しておきます。

使い古したドジョウ付きテンヤもダメージが少なければ、再使用します。

その際は必ず針先を研いでください。

間違いなく鈍ってますから。

ドジョウをセットしたテンヤはタッパーに入れて冷凍保存しておきます。

その際、ドジョウが真っ直ぐになるように冷凍して下さいね。

ドジョウが曲がったままだと、解凍しても真っ直ぐに戻りにくいですから。

釣りに行く前日辺りで冷蔵室に移動させて自然解凍しておきます。

9月や10月ですと凍ったまま釣り場に持って行っても、すぐに溶けるので問題ないですけどね。

1年前の冷凍ドジョウでも、ちゃんと釣れますのでご安心ください。

釣り方

一番最初に底まで何カウントかを調べます。

そして、地合い前は半分のカウント(中層)から下を探っていけばいいです。

って書かれている記事が多いですね。

間違いではないと思います。

4時台の一番船や17時30分の渡船で渡ることが多いhiroshiru はいきなり水面下から探っていきます。

活性が高い時は、ただ巻きで十分釣れます。

着水して糸ふけを取るのにリールを巻くだけでガンガン当たってくることもあります。

巻きでアタリが分かりにくい場合、ロッドでさびくことになりますが、ここでロッドの長さが関係してきます。

短いほど取り回しが楽ですが、さびく時に不利になりますので、その辺りを考慮して9フィートより9フィート6インチがいいと考えます。

反応が薄くなってきたら中層を狙ったり、チョンチョンとアクションを付けたり色々試すといいでしょう。

タチウオ釣りって、当たるタナを探すゲームだと思っています。

引き釣りで重要なことは、食わせの間を作ることです。

実際フォールで食ってくることも多いですし、巻きで食い上げてテンションが抜ける当たりとかを捉えてフッキングするわけです。

引き釣りってアジングに似ているかもしれませんね。

ポイント

釣れる場所に関してはポイントカテゴリーで詳しく書いていますので、そちらをご覧ください。

ただ、車横付けポイントや駐車場から歩いて行けるポイントは混雑します。

時間の制限がありますが、渡船で沖堤防へ渡る方がゆっくり釣り出来ますよ。

シーズン初期は沖にある一文字から釣れ出して、水温の低下とともに湾奥でも釣れ出します。

ざっくりと書いてみましたが、これから引き釣りを始めようと考えている方が、少しでも参考になればと思います。

混雑している釣り場ではキャストの際に周りをよく確認してください。

周りを見ないと、事故につながります。

それと、ゴミを置き去りにしないようにお願いします。

マナーを守って安全第一で。

ENJOY FISHING