簡単に出来て美味しいタチウオ料理

タチウオユッケ丼

鮮度の落ちやすいタチウオですが、釣り人の特権である新鮮なタチウオを美味しく食べれる料理をご紹介します。

簡単に出来て美味しいタチウオ料理はドンドン追記していきますので、こうご期待。

タチウオのユッケ丼

タチウオを細切りにする

三枚におろしたタチウオを、ひたすら細切りにします。

ご飯の量にもよりますが、一人分で一匹捌くと結構贅沢な感じでご飯の上に盛れます。

よくタチウオって三枚おろし難しくない?って聞かれるのですが、めっちゃ簡単やでぇ~って答えてます。

そこで簡単にできるタチウオの大名おろしをご紹介しましょう。

タチウオの三枚おろし

先ず、タチウオの頭を落とします。

肛門の所で二つに切ります。

尻尾を切ります。

尻尾の方は身が薄いので適当に落とします。

これで切り身が二つ出来ますね。

次に肛門から前側の身の内臓部分を大胆に身ごと切り落とします。

残った内臓と浮き袋を取ります。

そして腹側から背骨に沿って包丁を入れたら、水洗いするだけで血合いが綺麗に取れます。

肛門から後ろ側の身は水で汚れを洗うだけ。

背骨に沿って包丁を入れて、上と下にある骨を切らないようにおろします。

反対側は少しやりにくいですが、同様におろしていきます。

肛門の前側の切り身はおろした後、腹骨を鋤きます。

骨が残っても、鋤き取ればOKなので一気に捌いていきます。

大量におろした図。

今までの経験上、冷蔵で2,3日は大丈夫でした。

直ぐに食べない時は冷凍しておけばOKですが、火を通して食べましょう。

ユッケのタレ(三人前)

  • 焼肉のタレ:大さじ3
  • コチュジャン:大さじ1
  • ごま油:大さじ1
  • 刻みネギ:適量
  • 白ごま:適量

上記の材料をボウルに入れて、よく混ぜ合わせます。

その中に、刻んだタチウオを入れてタレを絡ませます。

  • アツアツのご飯:食べたいだけ
  • 卵黄:3個
  • ゴマラー油:数滴

どんぶりにご飯を入れて、お好みで海苔を敷きます。

タレを絡めたタチウオの細切りを乗せます。

真ん中に黄身を乗せる窪みを付けておきます。

最後に卵黄を乗せてゴマラー油を2,3滴垂らせば完成です。

この料理で最大のキモになると思われるのは、ゴマラー油を極少量掛けることです。

風味が全然違います。

メチャクチャ美味しくなりますよ。

色々な料理に使える、hiroshiru 家おすすめのゴマラー油は”京都へんこ山田製油”のもの。

簡単に出来ますのでタチウオのユッケ丼、是非作ってみて下さい。

タチウオの味醂干し

普通の干物に飽きたら、味醂干しにすることをおすすめします。

塩水に漬ける

3%の食塩水を基本にしています。

しっかり目に干したいときは5%くらいにします。

塩分濃度を上げると漬け込む時間の調整が難しくなるので、薄目がおすすめです。

塩辛いと使えるレシピも限られてきますので、薄味にしてその後の調理でしっかり味を付けるのがいいでしょう。

脂が多い魚や身の厚い魚は、ながめに漬けても塩分が入りにくいように思います。

タチウオの三枚おろしは、10分も漬ければOKです。

このまま干せば、干物の完成です。

今回は味醂干しなので、さらに味醂干しのタレに漬けて干します。

味醂干しのタレに漬ける

食塩水からタチウオの切り身を取り出して、キッチンペーパーで水分を拭きます。

  • 濃口醬油:50cc
  • 味醂:50cc
  • 日本酒:20cc
  • 砂糖:大さじ一杯

甘めの味醂干しが作りたいときは、砂糖の量を増やして下さい。

よく混ぜ合わせて、タチウオの切り身を漬け込みます。

上記の量で大体、4,5匹のタチウオを目安にしていますので、大量に漬ける時はタレを多めに作って下さい。

干す

1時間ほど漬け込んだら、タレを拭き取って干し網で皮の面を下にして重ならないように並べます。

そしてオシャレに白ごまを振りかけて、しっかり目に1日干します。

大体の干し網は3段になっているので、一番下の網に新聞紙を敷くといいです。

もしもタレが垂れても、新聞紙が吸い取ってくれるので大丈夫です。

干し網も色々あって、今使っている干し網は3代目ですが、一番使い勝手がいいので超おすすめです。

昔、キャンプで食器を干すのに使っていた干し網は真ん中にチャックがあるやつでした。

今使っている写真の干し網との決定的違いは、開口部分が大きいことです。

食器ならゴソゴソ突っ込めばいいのですが、魚の切り身を綺麗に並べるにはとにかく開口部が大きい方がいいのです。

干し網の一面全てが開くタイプなので、最高に使いやすいです。

【MISM】ドライネットL【干物干しネット キャンプ 食器 ドライフフルーツ】

大きさは色々ありますが、大量に釣れた時に干物を作ることが多いのでhiroshiru はLサイズを使用しています。

味醂干しを焼く

普通にフライパンで焼くと焦げたり、くっついたりする味醂干しですが、いい方法があります。

先ず、フライパンにアルミホイールを敷きます。

その上にクッキングシートを敷いて、味醂干しを並べて焼きます。

弱火で、じっくり焼いてください。

焦げ付かず、いい感じに焼けますのでお試しください。

フライパンも汚れないので、一石二鳥です。

お試しください。

タチウオの炊き込みご飯

材料

  • タチウオの干物 適量(炊飯器一面分くらい)
  • 生姜の千切り 適量
  • 米 3合
  • みりん 大さじ一杯
  • 酒 大さじ一杯
  • だしパック 1袋
  • 塩 少々

タチウオの干物に塩味があれば、塩は入れなくても大丈夫です。

手順

予め、だしパックを水に漬けておきます。

タチウオの干物をフライパンで炙ります。

多少、焦げ目が付くくらいが香ばしくてグッドです。

焼きあがったら冷ましておきます。

生姜を千切りにします。

炊飯器に米とみりん、酒、だしを取った水を定量まで入れます。

取り出した、だしパックも炊飯器に入れます。

塩分が気になる方は塩は少なめで。

千切りにした生姜と焼いたタチウオの干物を入れて、炊き込みご飯モードで炊けきます。

炊きあがりの図。

タチウオの身をほぐす様に混ぜ合わせます。

お好みで三つ葉を乗せれば完成です。

簡単にできるタチウオの炊き込みご飯、是非お試しあれ。

タチウオの炙り

手順

三枚におろした身を少し大きめに(管理人は2cmくらい)切り分けます。

皮に包丁で浅く切り込みを入れて行きます。

焦げても大丈夫なパレットに並べて、バーナーで炙ります。

100均で売っているステンレス製のパレットと網でOKです。

炙った後はトレーが熱くなっているので気を付けて下さいね。

皿に移し替えて冷蔵庫で冷やします。

氷水で冷やすと、皮がべちゃっとなるのでおすすめしません。

盛り付け

丸く並べてみました。

ねぎを乗せて、ポン酢で食べると非常に美味です。

美味しいタチウオの炙りを食べれるのは、釣り人の特権ですね。

簡単で美味しいので是非やってみて下さい。

タコを使ったおすすめの料理はこちら

サビキで釣った魚の料理はこちら