田ノ浦漁港にて豆アジ狙い! 水中映像撮ってみた。

20180526田ノ浦2

釣行日時:5月26日

5月終盤になって、ようやく水温も上昇してきましたね。

いよいよサビキ釣りの好シーズン到来です。

この時期限定の豆アジ。

例年、和歌山から釣れ出し、大阪湾でも釣れるようになりますが、大阪湾に入ってくるのを待てないhiroshiruは和歌山の紀北エリアに釣行します。

あまり大きくなると骨が気になる方も多いと思いますが、今時期のサイズなら骨ごと美味しくいただけますよ。

ということで、サビキ釣りのターゲット御三家で一番好きな豆アジを狙って紀北 田ノ浦漁港へ釣行してきました。

何時もの事ですが、朝マズメは間に合わなかったので、夕マズメ狙いです。

昼ご飯を食べてから出発する、何時ものまったりコース。

さすがに、真っ昼間は釣れる確率が低いので夕マズメ狙いです。

ポイント

最初は前回釣れた場所で狙いましたが、全く反応がないので湾奥へ移動しての釣果でした。

毎年、豆アジを専門に狙う場合、こちらのの湾奥で釣りします。

いわば、本命ポイントですね。

当日は予想外に渋く、何とか50匹ほど釣れましたが、イワシと小サバの活性が高すぎて豆アジを選んで釣るのに苦労しました。

ごく少量上撒きしながら群れを留まらせるのがミソなんですが、今年は遅れている上に豆アジが少ないようです。

仕掛け

サビキのサイズは0.5号を使用しましたが、アジのサイズが小さすぎてバラシ続出。

もうしばらくしてから釣行すれば、少しは成長しているかも。

その日に反応の良いサビキを見つけると、釣果が伸びるので竿は2本出しをおすすめします。

湾奥で釣る場合、4,5mののべ竿でも釣り可能です。

利点と弱点がありますので、参考にしていただければと思います。

のべ竿の利点

  • シンプルなので道具が軽く釣りが楽
  • 一定の棚を簡単に狙い続けることが可能
  • 手返しがいい

のべ竿の弱点

  • 深い水深だと狙うタナまで仕掛けを落とせないので釣り出来る場所が限られる
  • 竿が長くなると意外と持ち重りして疲れる
  • 水深によって長さが違う竿が必要

サビキカゴは豆アジ狙いの場合、鉄製の小さなカゴを使用します。

アミエビは巻き過ぎないことが、地合いを長く保つコツだと考えます。

水中映像

GoProを沈めて水中映像を撮影してみました。

水質はいいのですが、少し曇っていたためかクリア感がイマイチですね。

豆アジとイワシ、小サバが乱舞!なのですが、カメラが回転して上手く撮れませんでした。

次回はもう少し勉強して上手く撮れるように頑張ります。

予想外に豆アジの魚影が確認できました。

魚は居るのに釣れない、の典型的なパターンだったようで、反省反省。

紀北にある田ノ浦漁港は水質もよく、気持ちよく釣りが出来る素晴らしいポイントです。

何時までも釣りが出来る様にマナーを守って楽しい釣りをしましょう。

ライフジャケット着用、安全第一で。

ENJOY FISHING