タコ釣りを考える

2018タコタックル

この記事を読んでいただく前提として、タコに漁業権の設定がないことを確認して頂いた地域の方向けということを、ご理解ください。

タコに漁業権?と考える方も多いかもしれませんが、意外と捕獲禁止の地域が多いので注意が必要です。

大阪湾では、意外と身近に潜んでいるタコ。

時期を外さなければ、高確率で釣れます。

それも普段、ファミリーフィッシングで釣行される防波堤や沖一文字で。

ブームになっている近年では、オクトパッシングとかキャスタコとか言われてますね。

各メーカーからタコエギやタコジグが発売されています。

これから始めてみようと考えている方の参考になれば幸いです。

岸からのタコ釣り前提ですが、ポイントによって釣り方を変えることも必要。

タコが何処に付いているか?を考えるのに重要なキーワードが、水深です。

大きく分けると武庫川一文字に代表される水深のある防波堤、もう一つは宇部波止や岸和田旧一文字など比較的水深の浅い防波堤です。

水深がある防波堤

武庫川一文字に代表される水深のある防波堤で、タコは何処に付いているか?

答えは壁。

防波堤の基礎石部分にもタコは付いていますが、圧倒的に壁。

特にケーソンの繋ぎ目部分を重点的に狙うといいです。

その日良く釣れるタナがあるのが、水深のある防波堤の特徴です。

タコだけでなく、釣りをする上で何かしら変化のあるポイントを狙うのは鉄則ですよね。

防波堤のイガイ層周辺で乗ってくるパターンもあるので、ケーソンの繋ぎ目以外のイガイ層を狙ってみるといい結果がある場合があるので覚えておいて損はないです。

この場合、かなり浅い層なのでみんながあまり攻めないイコール一人だけ爆釣ってことも!

縦の釣りで、サミングしながら落としながら探っていくので、ベイトリールでの釣りになりますが、キャストしないので初心者の方でも直ぐに慣れると思います。

ロッドは短くて硬いタコ専用ロッドをおススメします。

比較的水深の浅い防波堤

宇部波止や岸和田旧一文字などに代表される比較的浅い防波堤では、基礎部分の捨て石回りに居ます。

基礎石部分を重点的に狙うといいです。

厳密にいえば、宇部波止はちょっと特殊で、防波堤の基礎部分と沖の区別があまりない(堆積物の影響なのか?)ので、沖へフルキャストして探るといいです。

普通は防波堤の基礎部分、捨て石回りを探ると釣れます。

ちなみに管理人のスタイルはバス釣りでいうフリッピング的な感じなのです。

タコジグで捨て石回りをダイレクトに攻めます。

少しづつ移動しながら打っていく、そんなイメージですね。

スピニングタックルでもベイトタックルでもお好みのタックルでいいと思います。

嬉しいことに、最近はタコ専用ロッドも選択肢が増えてます。

使用ルアー

壁をバーチカルに狙う場合

壁を狙う場合、タコジグの3連結がいいでしょう。

おすすめはヤマシタのタコゆらハンター。

人より多く釣るにはヒットカラーを探したり、潮が早い場合はタコジグにオモリを追加して垂直に落とせるようにするなどしてみるといいです。

広範囲に探る場合

沖を広範囲に探る場合は、タコエギ系のルアーがいいでしょう。

蛸墨族やデビルエイトクローを使用しています。

おススメはデビルエイトクロー。

根掛かりしにくく、ラインナップが豊富で重さやカラーを変えることが可能です。

管理人は普段、漁港内や水深の深くないポイントでは18gを使用しています。

捨て石回りをダイレクトに攻める場合

捨て石回りを攻めるのに使うタコジグ。

タコゆらハンターか、デュエルのタコジグMサイズを使用しています。

今回、岸和田の旧一文字で一番実績の高いカラーを特別に公開しちゃいますね。

圧倒的に実績の高いカラーです。

捨て石回りを探る場合は、タコジグで狙いますが根掛かりとの戦いになります。

タコエギに比べると安価ですが、ラインの角度とテンションに気を付ければ、根掛かりを減らすことが出来ます。

例年、6月から8月くらいが、数釣り出来るシーズンなので、是非チャレンジしてみて下さい。

ENJOY FISHING