ソレル カリブー 真冬の釣りに使える防寒ブーツ

ソレル カリブー



真冬の釣りでは足元からの冷気に体温を奪われがちです。

そこで快適に釣りが出来る様に、防寒ブーツを履くわけですが。

でもね、釣り具メーカーの防寒ブーツってお世辞にもカッコいいとは言えません。

せっかくの防寒アイテムを、釣りの時だけしか使えないのは勿体ないですね。

アウトドアメーカーの防寒ブーツなら、普段使い出来るオシャレなブーツがいっぱいあります。

逆に選択肢が多すぎて、どれを選べばいいのか分からなくなってしまう(笑)

そんな貴方におすすめなブーツを紹介します。

ソレル カリブー

おすすめする一番の理由は、履きやすさと質感ですね。

防寒ブーツの中には、履いたり脱いだりするのに苦労するものもあります。

釣りの時は、皆さん車の中で履き替えることが多いかと思いますが、カリブーは足入れに時間は掛かりません。

そして、なんといってもオシャレです。

街中でも雪道でも目立つこと間違いなし。

防水性能に関しては、晴れた日の防波堤からの釣りを前提にしているので、そんなに重要視していませんが問題ありません。

マイナス40度まで対応可能らしいですが、大阪の冬では完全にオーバースペックですね。

逆にアスファルト上での使用が多くなるので、一番の問題はソールの減りかもしれません。

カリブーは雪の上での使用を前提にしているので、ソールの素材が柔らかくできています。

まあ、どんな靴でもソールは減るものなので管理人は問題視していません。

インナーは取り外し可能なので、使用後のメンテナンスも簡単にできます。

管理人の感じたサイズ感ですが、普段履いているスニーカーと同じサイズでOKだと思います。

できれば試着することをおすすめしますが、近くのショップに在庫がなくてネットで購入される場合、参考にしていただけたらと思います。

その場合は、お約束ですが自己責任でお願いしますね(笑)

ゴム紐で調整出来る

おすすめする一番の理由は足入れしやすいことと、ズボン裾をブーツインできることなんです。

寒い時に紐を結ぶのは避けるべきだという意見もありますが、紐で調整するから調節範囲が広いのです。

それにカリブーは極太のゴム紐なので、結ぶのに労力は必要なし。

試しにグローブを着用して紐を結んでみましたが、全然問題ありません。

それに紐なんて一度結んでしまえば脱ぐまで触ることがないので、マイナス要素ではないのです。

長靴のようにガバガバで歩くより、フィットした状態にできる紐付きが宜しいかと。

動きやすさ

めちゃくちゃゴツい、ソレルのカリブーなので、しゃがむことが出来るのか?

心配な方も居られるでしょう。

管理人も試着するまでは、ひょっとしたら釣りに使えないかもと思っていました。

確かにソール厚はあります。

でも、しゃがめるか?

答えは全く問題ありません!

アッパーは皮なので、よくあるゴム製のゴツイ防寒ブーツより楽にしゃがめます。

渡船利用の場合はハシゴや階段を昇り降りすることがありますが、足首の自由度も十分あるので問題ないです。

ただ、車の運転は出来ないことはないですが、おすすめしません。

使用する前に

カリブーだからではなく、革のブーツには防水スプレーを吹きましょう。

おすすめは、コロンブスから発売されている、アメダスです。


フッ素系の防水スプレーなので、ゴアテックスなどの透湿性ウェアーにも使用できます。

管理人は傘からムートンブーツから何でもコイツをスプレーしまくってます(笑)

まとめ

普段使いできて、真冬の釣りでも使える、防寒ブーツ ソレルのカリブーをご紹介しました。

もし下記の理由で購入を躊躇っておられるなら、ご参考にしていただけたらと思います。

  • ゴム紐で調整することはメリットであって、デメリットではないこと。
  • しゃがんだり、階段の昇降も問題ないこと。
  • インナーは取り外し可能。
  • 普段履いているスニーカーと同サイズの物をおすすめします。

本来、スキー場の作業員や雪国の方が好んで使用されるスノーブーツ カリブーですが、真冬に釣りをする上での防寒性能、防水性能は申し分ないこと、街中でもオシャレに履きこなせることから、おすすめさせていただきます。

防寒グローブの記事はこちら

シマノ ファイスウォーマーの記事はこちら