2019 南港 新波止でタチウオ釣り 早々にギブアップ

釣行日時:2019年10月20日17時から19時

久しぶりに週末に半夜釣り出来る天候だったので、北風が強いのを承知で釣行してきました。

予報では風速5,6mでしたが、沖はもっと吹いていたのではないかと思います。

とりあえず、北風を背負って釣り出来るポイントへ渡りましたが・・・。

海に落ちそうになるし、寒いし厳しい釣りになりました。

夢フィッシング

16時30分の送り最終便で新波止へ渡ってきました。

タチウオ狙いの方は、ほぼほぼ新波止へ渡ります。

こんな風の強い日は宇部波止でも釣れていますので、ちょっと悩みましたがいつもの新波止へ渡ってきました。

最近、宇部波止の角では飛ばしサビキで小アジが良く釣れています。

17時前に船から見える限りでは、入れ食い状態。

タチウオの地合いと被らなければアジ釣りもいいのですが(笑)

ていうか、最近のタチウオは貧果すぎるので、アジ狙いの方が楽しそうですね。

15時の船で宇部波止へ渡って、アジを釣る、そしてタチウオも狙うプランがいいかも。

北風爆風の新波止

強い北風だったので、真ん中と赤灯の間に入りました。

内向きは爆風の向かい風。

外向きは風を背負えるので、ロッドを立てなければ何とかなりそうです。

しかしながら、内向きで釣れているのを発見。

前回は動くのが遅く、地合いを逃したのでダッシュで内向きへ~

正面からの爆風を受けながら、テンヤを操作、、、できんし。

何やってるか分かりません。

テンヤをワンサイズ重い物に変更して、やっとテンヤの重みを感じることが出来ました。

中層まで落として誘ってくると、アタる?

スカ、フォロー入れて追い食いさせることに成功です。

何とかタチウオゲットだぜ~

もう1匹追加したところで、短い短い地合い終了です。

釣りにくい内向きを諦めて、外向きで粘るものの前回同様全くアタりません。

背中を風に押されつつ立ってると海へ落ちそうになるので、向かい風の内向きへ戻ります。

が、地合い後は1匹掛けるも抜き上げでポロリのみ。

レイン着てるのに寒くて我慢できずにギブアップ。

19時の船で帰港しました。

多分、実釣時間1時間半。

状況

今年は数も出ないし、風が強い日が多くまともに釣りさせてもらえません。

タチウオの絶対数が少ないように感じます。

最終便まで粘ろうという気になれないのは管理人の性格ですが、粘っても二桁獲るのは難易度高いです。

サイズも指3本から3本半がアベレージ。

たまに指4本って感じでしょうか。

良い年もあれば悪い年もあるので、まぁこんな年もあるということで(笑)

渋いのを楽しんでいきましょうかね。