シーズン到来~ 新波止でタチウオ釣り

20180924新波止白灯側

釣行日時:9月23日17時~20時30分

今年は小さいながらも良く釣れているタチウオ。

先週末はシーサイドコスモ釣り解放区にて早朝に調査しましたが、この週末はちょっと本気モードで新波止へ半夜釣りに行ってきました。

お世話になったのは、夢フィッシングさん。

昼寝の寝坊からの、16時半の船に飛び乗って新波止へ~

今回も最近釣りのお供に連れていくGoProで撮影してきました。

17時スタートフィッシングで20時30分の船で揚がったのですが、釣れ出しが遅かったので、すぐに暗くなって撮影終了です。

タチウオ釣りの撮影するなら早朝の方が長い時間撮影できるので、いいかもです。

新波止

堺出島漁港から出船する、夢フィッシングさんで渡してくれます。

タチウオが釣れる時期になると半夜料金1500円で渡れるので、とってもリーズナブルですよ。

駐車場も無料ですし。

新波止へは途中、宇部波止やセル石に寄り道しながら30分近く船に揺られたら到着です。

トイレは駐車場にもありますが、沖でしたくなったら船にありますので定期的に来る船で船頭にトイレ~、と一言声を掛けて船に乗り込むと待機してくれます。

大体2時間おきくらいに見回りに来てくれるので、女性やお子さん連れでも安心です。

新波止の注意点として、外向きはスリット状になっているので、足場が狭いです。

ご自身で無理だと思えば、内向きで釣りすることをおすすめします。

内向きは足場は高いのは同じですが、ほぼ平らなので安全です。

船にある階段を上って新波止へ渡ります。

宇部波止やセル石は普通に船の舳先から渡れます。

新波止の外向きの足元はこんな感じです。

外向きはスリット状になっています。

写真の赤灯が一番沖側に位置します。

広大な釣り場の為、釣り座の確保が出来ないことはありません。

タチウオ釣りのシーズンは何処も混雑するので、渡船を利用するのが賢明です。

集合写真

実釣3時間で8匹でした。

アタリの数はその数倍あったので、まだまだ修行が足りませんね~

サイズはほぼ揃っていて、指3本くらいです。

釣果情報ではメーター越えも出ているので、今後にサイズアップを期待したいですね。

動画

とりあえず、地合いに突入したら撮影スタートするつもりでしたが、1匹釣れてから2匹目がなかなか釣れず(笑)

だんだん薄暗くなってくるし、上手く撮影出来ているか不安でしたが、何とか映ってました。

暗くなってからは流石に映ってませんでした(爆)

タチウオ丼

三枚におろして細切りにしたタチウオと生姜、ネギを混ぜて海苔を乗せたご飯に載せるだけ。

だし醤油を掛けていただきました。

新鮮なタチウオの刺身を食べれるのは、釣り人の特権ですよね。

美味しゅうございました。

骨と薄い身の部分は干している最中なので明日、骨せんべいにします。

今までは、そのまま揚げてましたが、1日干した方が油跳ねが少ないようです。

干しといたら、残ったら冷凍も出来ますし。

追記:干す時間が短かったのか、油跳ねまくり(汗) 片栗粉を塗すことで油跳ねはほぼなくなりました。

これから涼しくなって釣りやすくなるので、手軽に楽しめるタチウオ釣りいかがですか。

ENJOY FISHING