高級食パン 大阪のおすすめ食パン専門店

今、流行りの高級食パン。

一度は食べたことがある方も多いかと思います。

食パン専門店が乱立する大阪ですが、特筆すべきはそのお値段。

1本、2斤サイズで大体900円前後。

一般的なスーパーで購入できる食パンの2倍のお値段ですね。

管理人は普通のサラリーマンなので、毎朝高級食パンばかり食べていると、家計が確実に破産します(笑)

でも、本当に美味しいんですよ。

だから、ついつい小遣いで買ってしまうんです。

通常パンは焼きたてが美味しくて、翌日以降にトーストしても味が落ちるものです。

でも、食パンってトーストすることを前提にしたパンだというのは、ご承知の通りです。

そういう観点では、ある意味、特殊なパンかもしれませんね。

生食パンと銘打っていても、トーストして食べることも加味して評価しなければいけないのではと考えます。

ということでパン好き管理人の独断と偏見ですが、購入の際には参考にしていただければ幸いです。

また、美味しいと思った食パンが見つかれば、追記していきたいと思います。

高級「生」食パン専門店 乃が美

乃が美 総本店

乃が美 大阪上本町にある総本店。

乃が美

生食パンブームの火付け役、乃が美の食パンを基準に考えていきたいと思います。

全国にすごい勢いで、店舗が増殖中です。

やたらテレビで紹介されていますので、知名度という点では間違いなくナンバーワンでしょう。

生で食べると普通の食パンでは味わえない美味しさです。

トーストしても美味しさに変わりなく、高級生食パンの名に恥じないお味。

全国展開しているので、購入しやすさはナンバーワンでしょう。

店舗ごとに定休日が変わりますので、公式サイトでご確認下さい。

公式サイト

本食パン 帝塚山ぱん士郎

ぱん士郎

純国産の原材料に拘った食パン専門店です。

角食と山食がありますが、普通の角食で比較します。

そんなに大きな違いはないのですが。

乃が美の食パンより甘みがあります。

一番のおすすめポイントはトーストした時の、のど越しですね。

今まで食べた食パンのなかで、のど越しナンバーワンです。

食感は軽めですので、少し厚めに切ってトーストすると美味しいですよ。

何も付けずに、そのままどうぞ。

念のために電話で予約しておくことをおすすめします。

あと、通販もありますので利用するのもありでしょう。

公式サイト

高級食パン専門店 嵜本

嵜本 大阪あべの店

嵜本 大阪あべの店

嵜本

曜日ごとに色々な味の食パンが味わえますが、毎日販売されている極生 “ ミルクバター ”食パンで比較します。

こちらの極生ミルクバター食パンは、ぱん士郎より更に甘みを感じます。

トーストすると、3種類の中で、一番もっちりとした食感で美味しいです。

そして食パンの耳がカリッとしていています。

薄くてカリッとしているので、これまた美味しいんです。

これらの点が一番の違いだと思います。

大阪には梅田、難波、天王寺と店舗があります。

管理人は天王寺店を利用していますが、曜日限定食パンの販売はありませんのでご注意ください。

公式サイト

まとめ

一押しの高級食パンは、帝塚山 ぱん士郎の角食ですが、嵜本の極生ミルクバター食パンもメチャクチャ美味しいので、交互に食べれたら最高ですね。

でも、そんなことしてたら、破産しますので財布の中身と相談しながらの購入となりそうです。

毎朝、高級食パンというわけにはいかないけれど、偶には自分へのご褒美として食べてみるのもいいかもしれません。

でも一度食べたら普通の食パンに戻れなくなる可能性が高いのですが、責任はおえませんのであしからず。

食パン専門店以外にも食パンの美味しいパン屋も多くありますので、そちらはまた違う機会にご紹介したいと思います。