岸和田渡船

岸和田渡船

明石のタコに並ぶブランドダコ、泉州地方の泉ダコが釣れるポイントの紹介です。

大阪のタコ釣りの鉄板ポイントです。

以前は山田渡船でしたが、今はフィッシング・マックスの岸和田渡船になってます。

手前から中波止、旧一文字、沖一文字の順番に渡して行きます。

混雑しているときは、沖一文字行きの船と中波止・旧一文字行きの船に分かれるので船頭に聞いてくださいね。

土日祝日の一番船は混雑しますので、どうしても一番船に乗りたいときは早めに到着して受付を済ませておきましょう。

タコ釣りなら旧一文字がおすすめ!

管理人が一番多くタコ釣りに釣行するポイントです。

沖向きは一段高くなって狭いので注意が必要です。

内向きの方が釣りやすいし、十分釣れるのでおすすめです。

足元の捨て石回りを探っていくと良く釣れます。

遠投しても変化が少ないので、フルキャストしなくていいです。

所々根掛かりのキツイ場所もありますが、タコ釣りで根掛かりを怖がってたらダメ。

集中して根掛らないように、攻めましょう!

でも、太いロープが沈んでいる所もありますので、その周辺は避けた方がいいです。

全体的に釣れますので、釣り歩いていく感じで移動しながら拾って数を伸ばしていきます。

一押しはカーブ付近です。

内向きで釣れなくなったら外向きも探ってみて下さい。

一番手前の中波止も良く釣れてるんですが、実は渡ったことがないので今シーズンは渡ってみようかと考えています。

タチウオ・青物狙いなら沖一文字がおすすめ!

沖一文字はタコも良く釣れるんですが、外向きは根掛かりがキツイので上級者向けのポイントって感じです。

タチウオや青物を狙うなら迷わず沖一文字へ渡りまししょう。

一番人気は沖の北。

シーズンになると結構混雑するので注意が必要ですが、良く釣れるので是非チャレンジしてみて下さい。

駐車スペース

車は阪神高速湾岸線の下のスペースに置くことになります。

駐車禁止場所ではないのですが、会社の出入り口には絶対止めないようにしましょう。

写真真ん中のエサ屋さんの駐車場には絶対駐車しないように。

基本、ハイシーズンは係員の方が居ますので指示に従って駐車して下さい。

岸和田渡船受付

車を止めたら事務所で受付用紙に記入して機械で清算後、受付します。

番号札を2枚受け取ったら乗船時に1枚渡します。

紐の付いた方の番号札は下船時に船の前方にある回収箱へ入れます。

出船時間はシーズンによって変わりますので確認して下さい。

ちょっとした仕掛けやエサも売ってますので、買い忘れた時は利用するといいです。

渡船のりば

ここから釣具を持って階段を下ります。

船頭が来てからの乗船となります。

下にもトイレがあるので乗船前に済ませておきましょう。

時間に余裕をもって手続きしましょう。

マナーを守って、安全第一で。

ENJOY FISHING