岸和田沖一文字でアジ釣り

釣行日時:5月11日15時から19時

例年、この時期になると泉南近辺に油ノリノリの美味しいジャンボアジが回遊してきます。

渡船屋の釣果欄で確認してからの釣行なら、先ず外れはないはず。

その美味しいアジが食べたくて今回、岸和田の一文字に渡って真剣にサビキ釣りをしてきました。

敢えて真剣にと記したのは、サビキ釣りでも驚くほど釣果に差が出るから。

さて、どうなることやら(笑)

岸和田渡船

岸和田渡船さんを利用しました。

夕マズメ狙いなので、15時の便で渡ります。

一番よく釣れている、沖の北に渡りましたが想像よりも賑わってませんでした。

夏のタコ釣り、秋のタチウオシーズンの方が混雑していますね。

サビキ釣りの場合、人が多いほどアミエビを巻く量も増えるので、アジを寄せれるのですが。

釣り方

サビキ釣りには足元を狙う釣り方と、ウキを付けて沖を狙う釣り方があります。

水深があるので、勝手に足元狙いで大丈夫であろうと予想していたのですが、意外や意外皆さん殆どの方が飛ばしウキ付けて投げてます。

ウキ釣りの場合、タナが重要になってきます。

足元狙いの場合、アジの場合は底まで落とせば釣れますが、沖だと釣れるタナを探さないといけません。

水深や状況を確認したかったので、先ずは足元狙いで様子を見ることにしました。

当日の状況

釣れ出しは日によって変わりますが、当日は常連さんが心配するくらい遅めでした。

早めの時間に釣れたら余裕も出るのですが、最終引き上げが19時なのでゆっくりもしていられません。

足元狙いの管理人にはメバルが釣れたのみ。

周りは釣れているのに一向に釣れないので、飛ばしウキを付けることに。

そしたらすぐに釣れました(笑)

最初からウキ付ければ良かった。

タナは足元の水深から考えてプラスアルファでビンゴ。

水深が深いのと、竿が短いのが災いしてトラブル発生。

仕掛けを巻いたとき、ウキ止めゴムがリールのスプールまでくるので、キャストする時に引っかかってしまう。

とりあえず食材は確保したのでウキを外して足元で打ち返します。

18時台になると大き目の群れの回遊が始まったのか、足元でも釣れるようになってきます。

釣れ出したら手返しの良さが数釣りのコツですが、足元狙いの管理人は怒涛のラッシュ。

出遅れた分を取り返せたと思います。

ジャンボアジは何本か掛かったのですが、サビキの針が小さいのか抜き上げ時に外れてしまうという失態。

もう少し大きいサビキを使った方が良いのかもしれませんね。

釣果

5月11日アジ
5月11日ジャンボアジ

狙いの30cm近いジャンボアジは1匹だけでしたが、22,3cmのアジが10匹ほど混じり、30数匹釣れました。

他に30cmのサバが2匹、メバル1匹と食材確保に成功です。

持ち帰り方

釣りあげたアジはエラをハサミで切って海水を張った水くみバケツにドンドン放り込んでいきます。

数分したらまとめて氷を入れたクーラーボックスに入れて持ち帰ります。

クーラーボックスは高級なものでなくても、開閉の回数を極力減らすことで保冷力が失われません。

キンキンに冷やして持ち帰りたいマイワシなどは、クーラーボックス内に潮氷を作り、そこに魚を入れると新鮮な状態で美味しくいただけます。

タックルと仕掛け

サビキのサイズは重要です。

当日は5号と6号を使用しましたが、
サビキのサイズはジャンボアジ狙いなら7号以上がいいでしょう。

取り込み時にネットを使うのもいいかもしれません。

ジャンボアジはネットで掬う価値ありますから。

また、サバが掛かると絡むことが多いですし、エイがうようよしていますので、引っ掛けられたら100%切られますので予備は多い目に持参して下さい。

飛ばしサビキで狙う場合、長めの竿の方が、トラブルが少なくておすすめです。

今思えは、5,4mの竿ならウキなしで大丈夫だと思います。

飛ばしサビキで狙う場合でも遠投してはダメです。

駆け上がりがポイントなので投げるといっても竿2本まで。

なので5,4mの竿で少し沖に落とせば釣れるはずですから。

何方か試してみて下さい(笑)

まとめ

サビキのカラー、種類については色々な考えがあるかと思います。

サバ皮、ピンクスキン、ウィリー等々。

こればかりは、当日の状況で選べるように色々持参するしかないです。

管理人はフィッシング・マックスのオリジナルサビキのピンクスキンを使用しましたが、ジャンボにはサバ皮が良いらしいですよ。

アミエビもノーマルなやつが一番いいと良く聞きます。

ファミリーフィッシングの代名詞、サビキ釣りですが、侮ってな行けません。

なかなか奥が深い。

数メートル離れただけで、これだけ違うかというのを体感出来た貴重な釣行となりました。

最後にお願いですが納竿時、釣り場に散乱したアミエビは流して下さいね。

一人一人の小さな行動で気持ちよく釣り出来ますから。