ドジョウの引き釣りに必要な小物をまとめてみた

20181113タックル

色々な釣りがありますが、タチウオ釣りほど嵌る釣りも珍しいですね~

その為、釣り場の混雑具合も半端ないですが。

手軽に始めれて、好きな釣り方で釣れるのも魅力です。

引きも強いし、食べて美味しいタチウオ。

メタルジグやミノー、ワインドなどのルアーフィッシング、キビナゴやサンマの切り身を使った浮き釣り、ケミホタルと針だけを使った沈め釣りや、テンヤを使ったドジョウの引き釣りなどがあります。

その中でも、hiroshiru はドジョウを使った引き釣りに嵌っているわけですが、手軽にチャレンジできて良く釣れるのでおすすめします。

基本的にはロッド、リール、テンヤがあればOKなのですが、今回はその他の小物類は何をそろえればいいのか、少し掘り下げてみたいと思います。

これから始めようと思っている方や、初心者の方の参考になればと思います。

ロッド・リール・テンヤ

ロッドはシーバスロッドのミディアムアクションかミディアムライトアクションのものを使用しています。

リールは2500番クラスのハイギアタイプを使用。

テンヤはダイワの快適波止タチウオテンヤSS。

SSロング、SをメインにSSSも使用。

リーダー

PEラインとテンヤを直接繋げるのではなく、PEラインはリーダーを介してテンヤに結束します。

リーダーの種類ですが、ナイロンライン、フロロライン、ワイヤーがあります。

それぞれ長所や短所がありますが、hiroshiru は20号のナイロンラインで自作して使用しています。

長さは約80cm、片方にスリーブで輪っかを作り、もう片方はスナップをスリーブで留めています。

好みの長さ、スイベルの有無、太さなどを調整したい方は自作することをおすすめします。

その際、スリーブ止めにするのなら専用のプレッサーとスリーブが必要となります。

結束方法ですが、PEラインにチチワ結びでダブルラインを作って、スリーブで作った輪っかに箱掛けで結束しています。

巻き癖が付きにくいように、大き目のジップロックに数セット入れて釣り場へ持って行きます。

ラインが太いので3セット入れても、解けなくなるほど絡まる心配はないです。

ケミホタル

特にこだわりがあるわけではないのですが、ルミカのケミホタル POWER太刀魚50 イエローを使用しています。

暗い時間帯はテンヤの位置が分かりやすいので、あった方が良いと思います。

ただ、集魚効果があるかどうかは、タチウオに聞いてみないと分かりません。

付属のナイロンチューブを4分割して、2つ使用します。

大体リーダーの真ん中あたりに、ケミホタルを固定します。

スナップ

どのサイズのスイベルを買えばいいのか、どこのメーカのものがおすすめなのか、いざ購入しようとしても分かりませんよね。

強度が必要なので、普通のスナップはどうしても開いてしまうので、おすすめしません。

出来れば、クロスロックタイプか音速タイプ。

クロススイベルだと、1号がいいです。

hiroshiru 使用のクロススイベルはカルティバ クロスロックスナップ1号です。

クロススイベルは先端がU型になっているのでメーカーによっては、テンヤのアイに通らないので特に注意が必要です。

ちなみにワンサイズ小さい 0号だとテンヤのアイに通せませんでした。

hiroshiru 使用の音速スナップ、がまかつ 音速パワースナップだとLサイズ。

音速スナップは開くことなくアイに通せるので、劣化しにくくておすすめです。

ただ、慣れるまでは扱いにくいかもです。

慣れればメチャクチャ簡単なんですけどね。

普通のスナップのように開いてしまうことはないと思っていましたが、実は先日開いていました。

チェックは必要ですね。

ロッドホルダー

クーラーボックスに取り付けるタイプがおすすめです。

手返しが良くなるし、ロッドやリールの傷を防げます。

よく防波堤上に寝かせている方がおられますが、誤って踏んだりラインが足に絡んだりトラブルの元なので使用するのが良いと思います。

フィッシュグリップ

タチウオの歯は触れただけで切れるほど鋭利です。

噛まれたら病院送りとなります。

必ず、フィッシュグリップやハサミを使うことをおすすめします。

その際、エラ付近を掴みましょう。

あまり下の方を掴むと、頭を振ってくるので危険です。

おすすめは第一精工のワニグリップミニです。

あと、安価な模造品は使い物にならない場合がありますので、注意が必要です。

ハサミ

タチウオを締める際に使います。

大き目のハサミが使いやすいです。

ハサミで脳締めしてから針を外すと、安全です。

錆びやすいので、高価なものは必要ないと思います。

ペンチ

飲み込まれたり、硬い部分に掛った時に外すのに必要です。

長めのストレートタイプが使いやすいです。

錆びにくい、ステンレス製のペンチをおすすめします。

フックシャープナー

テンヤの針先が鈍ってくると、フッキングしにくくなります。

たまにチェックして、爪に掛らないようだと針先をフックシャープナーで研ぎます。

釣行中、バラシが増えたら気分転換にテンヤのフックを研いでいます。

購入当初から研ぐ必要がありそうなテンヤもありますので、要チェックです。

写真の上に写っているのは、20数年使用しているダイヤモンドシャープナー。

短いと針先が指に刺さりやすいのでテンヤやタコジグには、この手の長めのやつがおすすめです。

下のは最近購入した、ダイヤモンドシャープナーとセラミックシャープナーが裏表になったやつ。

ダイヤモンドシャープナーで荒砥、セラミックシャープナーで仕上げ。

そこまでこだわる必要もないと思いますけどね。

フックの研ぎ方

ダイヤモンドシャープナーが簡単に研げるのでおすすめです。

先ずフックの後ろから数回、フックシャープナーを針先方向へ滑らせます。

45度左へ傾けて数回、今度は右45度から数回、フックシャープナーを針先方向へ滑らせたらOKです。

爪に掛るようになれば終了です。

思いついたものを紹介しましたが、記事を書きながら小物も意外と必要だと気が付きました(笑)

便利なものや、いい物があればまた追記していきますね。

ENJOY FISHING