真冬の釣りにおすすめの防寒グローブ~ 超高感度フィッシンググローブ

ZEFO

真冬にグローブなしで釣りをすると手がかじかみますよね。

繊細な釣りをする場合、グローブはない方がいいと言う方も居ますよね。

でも殆どの方は防寒グローブを着用するでしょう。

防寒と感度の両方を求めるのは難しいのかもしれませんが、色々な使用状況を考えて自分なりの最良を探してみたいと思います。

指先のカット

カットなし、5本ともカット、3本カットの3タイプで考えてみましょう。

指が5本とも隠れた防寒グローブは圧倒的に一番温かいのですが、仕掛けやエサを交換する場合、グローブを外さなければ出来ないのが最大の難点です。

5本ともカットされたグローブは一番冷えやすいですし、小指と薬指はほぼ使わないのに防寒グローブでカットする必要性を感じません。

3本の指先がカットされたグローブは、仕掛けやエサの交換もほとんどの場合で問題なく作業できます。

3本の指先がカットされたグローブが防寒と操作性を上手くミックスして作られた防寒グローブではないでしょうか。

手首をカバー

手持ちの3本指先がカットされた防寒グローブで比較してみました。

アジングで使用していた、手のひらのみカバーのグローブ

使用感は抜群でした。

今まで冬の釣りでオールラウンドに使用していた、少し手首までカバーしたグローブ

指先のカットが短めなので、エサを触る際に注意が必要です。

今シーズン購入した、手首までしっかりカバーしたグローブ

手首までしっかり覆われています。

釣りをしていたら、どうしてもグローブと防寒着の間に隙間が生じます。

対策として出来るだけ手首を覆うグローブを選びたいですが、意外と選択肢が少ないのが現状です。

素材

現在主流なのが山本化学工業のタイタニューム・アルファとい素材の製品です。

手の甲側はほぼこの素材ですね。

タイタニュームアルファはクロロプレンに様々な工夫を凝らして作られた、ウエットスーツの素材なのですが、防風性と保温性を併せ持つ防寒素材なのです。

注意点は破れやすいことで、脱着作業は慎重にしなければなりません。

防寒とうたっているグローブのほとんどが、こちらの素材となっています。

使っているうちに破れたり裂けたりしてくるので、数年単位で買い替えているのが現状です。

現状、防寒グローブ イコール、タイタニューム(クロロプレン製)な感じになっています。

感度

優れた防寒グローブの要素を考える上で、一番難しいのが感度だと考えます。

釣りの種類や個人の感じ方で、色々な意見があると思いますが、メーカーの謳い文句をそのまま信じるなら、サーティーフォーの超好感度フィッシンググローブでしょうか。

アジングに特化したメーカーなので、感度に関しては妥協していないと思います。

手のひら側に人工皮革を使用することで、素手に近い感度を追及しているようです。

実際ロッドを握ってみても、厚手のクロロプレンのグローブよりしっくり馴染みます。

結論

この記事を書いている2018年12月現在、最良の防寒グローブはサーティーフォーの超高感度フィッシンググローブ3に決定させていただきます。


決してサーティーフォーの回し者ではございません。

釣具に関しては、どちらかといえばシマノ派です。

ちなみに、グローブは試着してから購入した方が良いですが、流通量が少ないようで近くの大手釣具屋にはLサイズがありませんでした。

Mサイズは試着できたのですが、少し小さく感じたので在庫のあったネットショップでLサイズを購入しました。

総じてクロロプレン製のグローブは、小さめに感じることが多いようです。

今までダイワとシマノのグローブを使用していましたが、Lサイズのサイズ感はほぼ同じだと感じましたので試着なして購入される場合は参考にして下さい。

ただしクレームは受け付けませんので、自己責任でお願いします(笑)

しっかり防寒すれば大阪の冬程度の寒さなら、釣りするのには問題ないですね。

あとは釣りに行く行かないは、本人の気合次第でしょう(笑)

防寒ブーツ ソレル カリブーに関する記事はこちら

シマノ ファイスウォーマーに関する記事はこちら